女性への影響

日本人男性の約6割~7割の人は、何かしらの包茎だというようにいわれています。
女性も含めて、それ以外の包茎でない人にとっては、包茎の正しい知識はきちんと知られていないのではないかと思われます。

包茎の人でも、あまり気にしていない人にとっては同じようなことがいえるのではないでしょうか。
そもそも包茎は、病気と常に隣り合わせにいるといわれています。
本人ならまだしも、パートナーである女性にも病気を引き起こしてしまう危険が伴っているのです。
包茎のペニスというのは、包皮と亀頭の間に恥垢という垢が溜まりやすい状態になっています。

女性との性行為の際に、この恥垢が女性の膣内に残ってしまい、その恥垢が原因で病気を引き起こす可能性が高まってくるのです。
包皮と亀頭の間は体温で適温に保たれています。
簡単な話、病原菌にとっては理想的な温床となっているのです。
病原菌にとっての食料になる恥垢が残っているとなると、その病原菌は活発に繁殖をし続けるのです。
その結果、パートナーである女性にも性感染症をうつしやすくなります。

包茎には大きく分けて3種類の包茎に分けられてきます。
「仮性包茎」の場合だと、包皮を剥くことは簡単にできてしまいますので、清潔にペニスを保つことは可能になってきます。
ですが、「真性包茎」や「カントン包茎」になってきますと、包皮を剥くこと自体が大変困難になってきますので、どうしても恥垢は溜まりやすくなってきます。

どちらにしても、包茎のペニスは恥垢が溜まることは避けられませんので、どうしても女性への病気の感染も可能性として高くなってしまうのです。